Blog

2018/12/15リュックの革選び 『皮革保護剤加工』と『染色堅牢度』
リュックの革選び 『ビジネスリュック』と『レディースリュック』
革の特性のひとつに、変退色があります。
紫外線や摩擦、水に濡れることによる色素の移動や脱落などの
革の劣化現象です。
それは、使いこなした味わいとも表現できますが、
服などに革の色が移ったり、
水に濡れて、革の色が過度に落ちる事は避けたい事です。

特に、背中に常に触れていたり、雨や汗に濡れる可能性がある
リュックについては、革の特性を調査し、リュックに適正か確認して、
お客様に安心してご使用いただける革でバッグを作製しております。

当社のリュックの革の選定方法は2つ。

■皮革保護剤加工された革

【ビジネスリュックの革「スコッチガード」】
本体の革は、いくつもの工程で3M社のスコッチガード皮革保護剤が
加工された革です。革の名前も「スコッチガード」。国産です。
水や油をはじく力が高く、汚れが付きにくいので、ご使用後に
サットひと拭きするだけで大変お手入れが簡単です。
また、背中に当たる面には、耐久性、耐水性に優れたコーディラ社の
コーディラ®ナイロン1680を使用し、更にその上に、背中の当たりを良くする
クッション性のあるポリエステル素材を使用しております。
なので、安心してご使用いただけます。

※革の劣化現象が無いという事ではありません。
※完全防水ではございませんのでご注意ください。
 

■染色堅牢度試験の結果、ハイレベルな革であること

輸入された革や撥水加工状況が不明な革については、革メーカさんに依頼し、
東京都立皮革技術センタへ染色堅牢度試験を受け、リュックに適正な革か確認しております。

【染色堅牢度 とは】
革製品が使用中に水に濡れたり摩擦など様々な作用に対する色の抵抗性を示す数値です。
試験は、革試験片の変退色で評価、試験片から白布などへの汚染で評価します。
例えば「乾燥試験」は、約200gの荷重で100mmの長さを100回往復摩擦し
「汚染」の判定をすることにより堅ろう度の数値を計ります。
最も堅ろう度の高いのは5級で、続いて4-5級、4級と続き最も弱いのは1級での9段階で評価されます。
5級とは、まったく色落ちや色移りは見られなかったレベル
4-5級は、限りなく色落ちや色移りは見られなかったレベル
となります。

【レディースリュック革「アスワン」】
染色堅牢度は以下の通りで、8項目中7つが最高のまったく色落ちや色移りは見られなかった5級で
1項目が、限りなく色落ちや色移りは見られなかった4-5級でした。
背負う事で代表的なランドセルと同等またはそれ以上の結果でした。
ツヤ感と鮮やかな色合いが続くとともに、大変高い品質を維持できる革という事で、
安心してご使用できます。

勿論、雨に濡れたり、ご使用後にはサットひと拭きお忘れなくお願いします。

※革の劣化現象が無いという事ではありません。
※完全防水ではございませんのでご注意ください。
 

 

PAGE TOP